H31年 オステオパシーの診断と治療

 

今回はオステオパシーの診断と治療について行います。

たくさんのオステオパシーのテクニックがあるなか、実際どんな状況の時にどのテクニックを使った方がよいのか?

 

どの状況のなか、全体調整をした方がよいのか?それとも、局部調整なの?

 

メカニカルの調整の方が適切なのか?

それともバイオダイナミック的なアプローチの方が適切なのか?

 

 

オステオパシーの哲学にのっとり、そして原理・原則にそって頭蓋における5つのエレメントも考察したがら、各オステオパシーテクニックの復習もしながら、スクーリニング検査、局部検査、特別検査も含めながらコースを進めて行きたいと思います。なおサプリメントの処方についても話していきたいと思います。

 

 

 

症状疾患別でも講義していきたいと考えておりますので、参加される方は、もしこのような症例についてと希望があれば事務局の方にメールで送っていただけたら幸いです。参考にしたいと思います。宜しくお願い申し上げます。