Dr.キンバリーの頭蓋マニュアル

 

このコースはDr.サザーランドが頭蓋のコースを始めたころは、二週間のコースでした。

 

最初の一週間は、Dr.キンバリーが解剖学的、生理学的に神経学的にも、バイオメカニカルなモデルを含めて教えられていました。

次の一週間は、Dr.サザーランドがCV4などを教えていました。

 

Dr.キンバリーのワークは伝説のDr.アーバックルの解剖の知識をこえたワークといわれていました。

現在、その頭蓋に置ける、Dr.キンバリーのワークは現在教えられておらず、失伝したともいわれていました。

 

Dr. Steeleは、Dr.キンバリーと共に教え、彼はそれを受け継ぎ、彼の完全なシラバスを受け取っていました。

その中には、Dr.キンバリーの診断の手順と治療の手順もしるされています。

 

現在、クラニアル  アカデミー、STCF、Dr.フライマンにおける、40時間のベーシックコースの原型です。

 

今回、米国では教えられていない、Dr.キンバリーの頭蓋マニュアルを日本で忠実に再現してくれることがきまりました。

 

本来、Dr.サザーランドが伝えたかった、ことは何だったのでしょうか?

 

Dr.キンバリーは途中から、クラニアル  アカデミーでの活動を止めてしまいました。政治的な問題がでてきて、Dr.キンバリーは本来の内容で教えることが出来なくなった事を理由てしています。その後、Dr.キンバリーはミシガン州立大学のオステオパシー学部で一時的に教えられていました。Dr.キンバリーがリタイアした後またその内容は教えられなくなりました。非常に残念なことですが…。

その内容をDr.Steeleが再現してくれます。

 

4日間の内容となる予定です。 

 

日程 2017年  11月予定

 

会場 三河安城駅または知多半田駅周辺

 

講師 Dr. Carl Steele D,O,