オステオパシー医療における多次元治療のための3D立体解剖学

2018年 5月もしくは9月(日数未定)

 

講師 ステファン・ハゴピアンD.O.,FAAO

定員 未定

会場 東別院会館(予定)

過去(2006年、2010年、2013年)に行われたオステオパシーの臨床治療に於ける3D解剖学のプレゼンテーションはそれぞれにユニークなものでした。今回も、Dr.ハゴピアンによって新たに集められた資料と共に同様にユニークなものであることが約束されます。 この  xxx 日間のコースは初心者や、熟練したオステオパシー医師にとって価値ある学びの体験となるでしょう。オステオパシー医療に於ける更なる技術向上への実践的な方法を探ります。伝統的なオステオパシーの原理に添いつつ機能解剖が教えられます。 参加者は適切な視覚能力のある人で、この深い題材の中へと個人的な探求を進めて行ける人に限られます。参加者は少なくとも40時間のオステオパシーの頭蓋基礎コース、または それに匹敵する、短期の頭蓋基礎コースを繰り返し 受けていることが、望ましいです。